新築か中古かは総合的に考えることにしましょう|【マンションは管理を買え】

中古マンションが新築マンションより高くなることもある!?

写真

中古マンションは一般的に新築マンションよりも当然価格が安くなる。だからこその中古マンションの需要があるところなのだが、実は物件によっては、諸費用や住宅ローン控除まで考え合わせると、中古マンションのほうが結果的には高くなってしまう場合もある。新築マンションでは必要ないのに中古にだけ必要な金額というと、仲介手数料とリフォームにかかる費用が大きくかかるものになる。さらに不動産取得税に関しても、新築は軽減が受けられるため、こちらも中古のほうが多くかかる。なので安いはずの中古マンションを買ったのに、トータルで考えてみると割高なんていうこともしばしば。

写真

そういった事も踏まえ。新築か中古かは、たんに物件価格だけでなく、総合的に考えるようにしよう。しかし、販売価格が決まっている新築にくらべ、価格があいまいな中古マンションは価格交渉がしやすいという特色ももっている。とはいっても、値引きを要求しているだけでは、相手もいい感情はもたれないので満足のいく結果は得られない。頭金や、月々の希望返済額などさまざまな条件を伝えて、どちらかというと相談していく形で交渉したほうが伝わりやすいだろう。